鏡の曇りはストレスに・・・。

健康と美肌作りに欠かせない毎日のお風呂タイム。

鏡の中の自分に向き合える大切な時間ですね。

さて、そんな美肌作りの始まりに、もしも浴室内の鏡が曇っていたとしたら?

何だか気持ちまでぼんやりしてしまいますね。

曇った鏡

鏡が曇っていてはお肌の状態をうまく観察することができません。

曇った鏡をいくら見つめても、無駄に時間が経過するばかり、ストレスを感じてしまいますね。

健康と美肌作りのためにも、浴室内の鏡はいつも曇りのない状態にしておきましょう。

今回は鏡が曇る原因と解決法、お役立ちアイテムをご紹介します。

鏡の曇りのストレスを一気に吹き飛ばしましょう。

スポンサーリンク

そもそも鏡が曇る原因は?

鏡の曇りの正体は何だと思いますか?

冬場になると窓によく結露が発生しますね。

あれと同じで、浴室内の温かな気温と、鏡の表面との温度差によるものなんです。

それと、シャワーなどの水滴が鏡に無数に張り付くことでも、水滴に光が乱反射して白く曇って見えます。

この原因を取り去るには次のような方法があります。

ドライヤーで鏡を温める

鏡が冷えないようにするには、まずは冷水が鏡にかからないようにすればOK!

これだけなら簡単そうですが、実は鏡にかかるのが熱いお湯や湯気であっても、それらが鏡の表面に触れると冷えてしまうんです!

お風呂でこれを回避するには、どうしたら良いのでしょうか。

鏡の曇り止め対策用のヒーター付き鏡が市販されていますので、余裕のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

わざわざ購入するのは大変という方は、最初にドライヤーの熱で鏡を温めておく方法があります。

ドライヤー

少し面倒なようですが、慣れてしまえばお金も掛からず楽な方法です!

鏡の表面をコーティングする

続いて、親水性の高い界面活性剤を利用する方法です。

どのご家庭にも常備されている、例えば、頭髪シャンプーやボディシャンプー、シェービングクリームなどで試すことができます。

中でもシェービングクリームは持続性が高く、3、4日は効果が持ちます。

やり方は簡単!

鏡の表面に薄く塗布した後、2、3分待って乾いた布で拭き取ります。

掃除の延長で行えてとても手軽です。

市販の曇り止めアイテム

鏡に水滴が付かないようにするための、持続力の高い曇り止めシートが市販されています。

東プレの『 鏡の曇り止め くもらないフィルム』は鏡の曇りの原因となる水滴を平たく馴染ませて、温度差や乱反射を防ぎます。

使い方は付属のスキージーで、透明のフィルムを鏡に貼りつけるだけ。

各家庭の鏡に合わせた5サイズ展開。剥がし痕が残らないのも好評です!

 

続いてこちらは、塗るタイプのリキッド商品、レックの『塗りやすいくもり止めリキッド』です。

界面活性剤を利用して、鏡の表面に水の層を作ります。

シートタイプと比べて持続効果は劣りますが、貼る手間が掛からないというメリットがあります。

細かな作業の苦手な方ならこちらですね。

まとめ

浴室内の鏡は、対策をしないと本当によく曇りますね。

鏡の曇りは心模様とリンクしがちです。

早々に曇りを取り去って、心身をさっぱりと輝かせましょう!

そしてお友達にも教えてあげましょう!

ライター:tarococo

木々

スポンサーリンク