入浴剤は簡単に手作りできる!

あなたはどんな入浴剤が好きですか?

スキンケア成分を含んだもの、血行促進効果のあるもの、清涼効果のあるもの、乳白色のもの、フローラル系の香りのもの。

一言で入浴剤と言っても、その種類は本当に様々ですよね。

 

色んな入浴剤を買い揃えてお気に入りの一品を探すのも楽しいですが、ここはイッパツ、世界にひとつだけ、自分のためだけの入浴剤を手作りして見ませんか?

実は思ったよりとっても簡単なんです!

スポンサーリンク

シュワシュワっとはじける、炭酸入浴剤を作ってみよう!

季節の変わり目って体調トラブルを起こしやすいですよね。

風邪を引きやすくなったり、頭痛が続いたり、全身の倦怠感が消えなかったり。

そんな時、実は炭酸ガス入りの入浴剤が効果的なんです。

炭酸入浴剤の効果

シュワシュワする炭酸が血管を拡張し、血流が良くなります。

また、炭酸ガス(二酸化炭素)には、リラックスさせる作用があります。

リラックス

呼吸からも自律神経を整え、季節の変わり目トラブル対策ができるというわけですね。

手軽に発汗を促すことができるので、代謝を上げたい時にもピッタリです。

さぁそんな炭酸ガス系のお風呂を自宅で簡単に作れる入浴剤の作り方を紹介します!

炭酸入浴剤の材料

実は材料はたった2つでOKなんです。

  • クエン酸
  • 重曹

以上です!

お近くのドラッグストアですぐ購入できそうな材料でできるんです。

 

どちらも工業・掃除用<食品用<医薬用と品質のグレードがあり、右に行くほど上のグレードとなるのですが、できればどちらも食品グレード以上のものがおすすめです。

料理に使われる以上のものですから、口に入れても安心ということです。

無水クエン酸 1kg(アレスヘルスケア)»

重曹(炭酸水素ナトリウム)5kg(アレスヘルスケア)»

 

まずは、炭酸風呂に入ってみよう!
  1. クエン酸1:重曹2の割合で分量を量ります。
  2. 半身浴ほどの量でお湯を張ります。炭酸水は水温を高く感じるため、少し温めが良いでしょう。
  3. 1.を湯船に加え、ゆっくり混ぜます。
    勢いよく混ぜると炭酸が抜けてしまうので、泡立てないようにゆっくり静かに混ぜましょう。

これで完成です!お好みでアロマオイルを数滴加えてもOKです。

スポンサーリンク


バスボムにして、プレゼントにも!

せっかくなら、バスボムに成形して作り置きをしたり、プレゼントにするのもいいですよね。

これもとっても簡単!

  1. クエン酸1:重曹2の割合で分量を量ります。
  2. ボウルなどに入れてよく混ぜます。
  3. ここに霧吹きなどを使って少量の水を加えます。
    一気に加えすぎると泡が発生してしまうので、少しずつ加えてくださいね。
  4. 指で押すと固まるくらいになったら水をストップします。
  5. おにぎりを握るみたいにラップで包み、ぎゅぎゅっと硬く握ります。
  6. 2日程度、湿気が少ないところで乾燥させれば、簡単手作りバスボムの完成です!

 

お菓子の型を使って可愛く成型したり、飾りを兼ねた岩塩を入れてみるのもいいですね。

ドライハーブや食用色素を加えると彩りも鮮やかになります。

勿論、好みのアロマオイルも入れちゃいましょう!

可愛くラッピングしたら、ちょっとしたギフトにもなります。

炭酸風呂には嬉しい効果がいーっぱい!

水に二酸化炭素が溶け込んだ炭酸泉が多く存在するドイツでは、炭酸泉は「心臓の湯」とも呼ばれています。

皮膚から二酸化炭素を吸収することで、血圧を急激に上昇させることなく血行を促進させます。

通常の入浴に比べ、身体への負担がとても少ないと言うわけです。

 

炭酸泉は自律神経に作用し、ストレス緩和や不眠症対策となるだけじゃないんです。

血行が促されることによって疲労の元となる乳酸の分解が進み、疲労回復のスピードも早くなります。

 

また、血行が促進されることで毛細血管の細かいところにまで酸素が行き届くようになります。それにより、抜け毛の予防や育毛の促進も期待できるのです。

まだまだあります、炭酸風呂の効能

炭酸泉にはただのお湯と比べて、3倍もの保湿力があります。

人の肌と同じ弱酸性ですので、肌に優しいだけでなく、肌表面りの水分蒸発を防ぐ効果もあるんです。

 

たんぱく質を吸収する性質もあるため、古い角質や皮脂も落ちやすくなります。

つまり肌荒れやくすみ、目の下のクマ対策にもなるというわけです。

 

炭酸泉には明確な作用があることが医学的にも証明されています。

全国500以上もの国立病院や介護施設でも炭酸風呂は導入されているんです。

簡単に作れるのに、いいこと尽くしの炭酸風呂。

早速今日のお風呂から手作り炭酸風呂を試してみませんか?

ライター:稲葉夕貴

手作り入浴剤・バスボム

スポンサーリンク