バスタイムはアロマオイルで癒やされたい。でも・・・

自宅のお風呂の楽しみ方と言えば、やっぱりバスソルトやアロマオイルをバスタブに入れて、その香りに癒やされながらのんびりくつろぐことですよね。

特に良質のアロマオイルは、ほんの1~2滴お湯に落とすだけで、お風呂中がほんのり良い香りに満たされる、とても手軽で便利なアイテムです。

でも、あるときを機に私はアロマオイルをバスタブに入れることが怖くなってしまったんです。

スポンサーリンク

ある日、お風呂に入っていると身体中がピリピリに!

その日、私はいつものように、アロマオイルをバスタブに数滴落とし、心地よい香りに包まれてバスタイムを楽しんでいました。

でも、数分経ったことろ、腕の内側にピリピリと刺すような痛みを感じました。

そのうち、それが体中に広がり、ピリピリ感もだんだん強くなってきたため、あわててバスタブから出てシャワーを浴びました。

バスタブ

原因はどう考えてもアロマオイルなのですが、なぜその日に限ってピリピリしたのかが、不思議で仕方がありませんでした。

というのも、アロマオイルをバスタブに入れたのはその日が初めてというわけではなく、しかも100%天然のアロマオイル(精油)だったので、それが犯人だとは到底思えなかったのです。

でもひとつだけいつもと違う点があることに気づきました。

それは、お風呂用として初めてグレープフルーツのアロマオイルを使用したことでした。

スポンサーリンク


ピリピリの原因を調べてみると・・・!

ネットでいろいろ検索していると、どうやら私と同じ症状になった方が少なくないようで、いろいろな情報を見つけることができました。

その中で、なるほど!と思ったものがコレです。

柑橘系は肌刺激が強い精油だから

先ほど書いたとおり、今回バスタブに入れたアロマオイルはグレープフルーツでした。

実は、グレープフルーツなどの柑橘系のアロマオイルにはリモネンという成分が含まれており、この成分は血行促進や抗菌に役立つ一方で、酸化すると皮膚を刺激する作用があるそうです。

グレープフルーツ以外にも、オレンジ、ティーツリー、レモングラス、柚子などの柑橘系は要注意だったのです。

柑橘類

そして、実はこれ以外にも考えられる原因が2つありました。

もともと敏感肌だったから

実は私はそこそこ敏感肌なんです。

たとえば、刺激の強い化粧品(化粧水、乳液)を使うと、赤く蕁麻疹ができ、かゆみが出てしまうことがあります。

このため一般的な肌質の方よりもリモネンに過敏に反応してしまったようです。

お湯をよくかき混ぜなかったから

精油は読んで字のごとく「油」なんですよね。

そういえば、油は水に溶けにくい、ということは小学校でも習いましたっけ。

それなのにアロマオイルを入れた後にバスタブのお湯を大してかき混ぜなかったため、おそらく原液がきちんと溶けないまま肌に付着してしまったものと考えられます。

ピリピリ対策をしっかりしてアロマバスを楽しむには?

今回のピリピリは私にはそれなりにショックでしたが、アロマをお風呂で楽しむことはやっぱりやめられません。

ということで、ピリピリ対策を2つ考えてみました。

(1)直接精油をバスタブに入れない

精油をバスタブに入れた目的は、「いい香りのお風呂に入ること」です。

それなら何も直接バスタブに入れなくても、洗面器などにお湯を張り、その中にアロマオイル数滴垂らして浴室内に置いておけばOKだということに気づきました。

(2)精油をベースオイルに混ぜてからお湯に溶かす

私は以前、ラ・カスタ(La CASTA)という化粧品会社が運営するナチュラルヒーリングガーデンでバスオイルの手作り体験したことがあります。

よく思い出してみると、このときのバスオイルは、ラ・カスタのエッセンシャルオイルにホホバオイルをベースオイル(キャリアオイル)として混ぜて作ったものでした。

こうすることによりアロマオイルが薄まり、またお湯に溶けやすくなるため、お風呂に入れても高濃度の精油が肌に直接付着するのを防ぐ効果があるようです。

ちなみにラ・カスタのエッセンシャルオイルは本当に上質で香りがいいので、私のイチオシです。

 

自宅で使用するときもアロマオイルをベースオイルに溶かせば良さそうですが、私のような敏感肌の方にはやはり(1)の方法をおすすめしたいです。

それだけ、あのピリピリ体験は私にとって、かなり嫌なものだったからです(苦笑)

 

さて、今回の落とし穴は「100%天然だから肌に悪いはずがない」と勝手に思い込んでしまったことでした。

アロマオイルの性質をもうちょっときちんと勉強して、もっと楽しく活用できるようになりたいな、と思ったのでした。

ライター:湯川めぐ

アロマイメージ

スポンサーリンク