花束は贈り物の定番だけど・・・

先日お世話になった女性の先輩が退職しました。

職場で退職する方にプレゼントするものの定番といえば、やっぱり花束ですよね。

花束
でも、その方は

「花束を抱えて電車に乗るのは恥ずかしいから、私が辞めるときは花束は要らないからね!」

と、事前におっしゃっていたんです。

確かに通勤ラッシュ時に大きな花束を抱えて電車に乗るのはちょっと・・・と考えてしまう方もいますよね。

通勤ラッシュ

そのほかにも、もらっても飾っておける花瓶やスペースもない、そもそも花粉アレルギーだし、なんて理由で花束は欲しくない、と思う方もいらっしゃるのでは?

そんなときひらめいたのが、

「それなら、すてきな入浴剤を贈ろう!」

というアイディアでした。

その方は、ふだんからバスタイムをとても大切にして楽しんでいることを思い出したからです。

今回は、退職祝いのほか、結婚祝いや誕生日、母の日のお祝いなどにも喜ばれるすてきな入浴剤をご紹介します。

スポンサーリンク

花束じゃないけど・・・花を贈りたいなら

シャリテローズバスペタル

まるでプリザーブドフラワーのような、見た目にも華やかなバラの入浴剤(バブルバス)です。

ローズの優しい香りなので、すぐに使わずに少し飾って楽しんでいただくこともできます。

カラーは「ピンク・赤」「紫・青」「黄色・緑」と3つから選べますので、贈る相手のイメージに合わせて選べます。

私は「ピンク・赤」をチョイスして、お菓子と一緒に贈ったらとても喜んでいただけました!

デコラパルファム バスギフト セット

こちも華やかなお花の形の入浴剤(バスフラワー)です。

実は、さきほどご紹介したものにしよういか、こちらにしようか結構悩みました。

結局、こちらはちょっと小さめなサイズ(W115×D150×H70mm)だとわかったので、さきほどのものを選びましたが、とっても可愛らしいので、別の機会があれば買ってみたいな、とおもっています。

スポンサーリンク


女性はもちろん、男性にも喜ばれそうなものは?

スパークリングワイン バブルバス

男女問わず、ワイン好きな方って多いですよね。

それなら、スパークリングワイン風の入浴剤はいかがですか?

バブルバスとボディソープの2通りの使い方が楽しめる、お得なバスジェルとなっています。

間違って飲んでしまわないように、一言添えてどうぞ・・・。

ORTIGIA (オルティージャ) バスオイル

オルティージャは、イタリア・シチリア島の魅力を凝縮したナチュラルでエネルギッシュな香りのボディケアブランドです。

爽やかな香りに包まれて、優雅なバスタイムを楽しめる、ちょっと高級なバスオイルは、大切な方への贈り物にもピッタリです。

可愛い系が好きな方には

エレガントなものより可愛い系が似合いそうな方には、こんなキュートな入浴剤もあります!

スウィーツメゾン ビスケットフィズアソートセット

とっても可愛らしい5色のビスケット型バスボムです。

香りはストロベリーミルク、ビターチョコレート、グリーンティーミルク、レモンムース、ハニーミルクティと、お腹が空いているときは避けて使いたくなる、甘いスイーツのフレグランスとなっています。

スイーツ好きな方に贈りたいですね。

永遠の癒し系キャラ、ムーミン!

ムーミンの物語の世界に癒やされながらバスタイムが楽しめるバスボムです。

何が可愛いかって、このムーミンパパがかぶっている帽子型のパッケージです。

値段も1,000円以下なので、メインのプレゼントにちょっと添えて、という使い方にもピッタリですね。

セルデクルール バスソルト 全7種セット

雨上がりの虹とか、買ったばかり色鉛筆とか、色のグラデーションには、なんとも言えない美しさがありますよね。

こちらは、フランスのブルターニュでとれた自然塩に天然エッセンシャルオイルや植物エキスを配合したカラフルなバスソルトとなっています。

セルデクルール

バスソルトとして使ってしまう前に、まずはこのように並べて飾っておくだけでも、お部屋のアクセントになります!

 

香りは左から、ローズ、オレンジ、カモマイル、グレープフルーツ、ユーカリ、ペパーミント、ラベンダーとなっており、1ボトルが1回分です。

毎日1つずつ使っても、1週間楽しんでもらえますね。

 

いかがでしたでしょうか。

花束と同じくらいすてきなものばかりで驚いたのではないかと思います。

プレゼントを受け取る側としても、案外、

「見て楽しむだけの花束よりも、実用的な入浴剤の方がもらって嬉しい!」

という方もいらっしゃるのではないか?と思います。

 

今度誰かに花束を贈るような機会があれば、

「もしかして、入浴剤の方が喜ばれるかな?」

なんて、考えてみても良いと思います。

ライター:湯川めぐ

スポンサーリンク