セルフマッサージはがんばらず、楽しく続けましょう

私は時々iPodもしくはiPhoneをジップ付きビニールの中に入れてお風呂に持ち込み、少し軽快な音楽を聴きながら時には歌いながらマッサージを楽しんでいます。

お風呂でのマッサージを続けるコツは無理をしないことです。

手首や指先が痛くなる程頑張る必要はありません。

みなさんにもより効果的で簡単で、楽しんで貰えるそんなちょっと欲張りなマッサージを今回はご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

意外に難しい湯船での上半身マッサージ

湯船の中での足へのマッサージは本当にとても簡単なのですが、意外に難しいのが上半身へのマッサージです。

上体を起こしたり体勢を変えたりするのも面倒ですし、手も届きにくいですよね。

そこで私は湯船の中での上半身のマッサージは本当に最低限です。

下手な頑張りをして手首が痛くなったりしては仕方がないからです。

身体を洗う前に湯船でやっておくと良いこととは?

身体を洗う前、湯船に浸かる際にこれだけはやっておくとほぐれが全然違います。

  1. 背筋を伸ばして湯船に浸かって下さい。
    足を伸ばすか折り曲げるかは楽な方で。
  2. 両手の親指を背中側にして、ウエストのあたりに手を添えて下さい。(4本の指は前です。)
    両手の親指に少し力を入れながらウエストからお尻に掛けて上下5回往復。
    この時下から上に向かう時には少し意識してグイっとお肉を持ち上げると効果的です。
    またウエストよりも上の位置まで行ける場合は、無理の無い範囲でウエストよりも少し上までマッサージして下さい。
  3. 次は両手で拳を作って下さい。
    その拳の山の部分で先程と同じ道を、イチ・ニ、イチ・ニと少しずつ拳を上下させながら、お尻からウエストに掛けて今度は往復ではなく上方向にだけ2~3回マッサージして下さい。
    この拳マッサージをする時のポイントは、先程の親指だけのマッサージの時よりもお尻のほっぺのところだけは意識的に腰を少し浮かせるなどして入念にすることです。
湯船の中と洗い場でのマッサージで簡単完璧に

身体を洗う前に湯船の中で拳マッサージまで行ったら、一時マッサージは中断です。

洗い場でいつものように身体を洗いましょう。

そして洗い流す前、身体が泡を纏っている状態でマッサージ再開です!

  1. お風呂用の椅子に座った状態で、床に膝を立てる感じの体勢でそけい部(足の付け根)を内側から外側に向かって両親指の腹で5回程度マッサージして下さい。
  2. 次にそけい部からおなかの中心に向かって少しずつ位置をズラしながらお肉を引き上げます。
    この時両手の4本指を使ってまずは左のそけい部から、続いて右のそけい部からと言う感じにマッサージします。
    泡が滑りを良くしてくれていますのでまんべんなく。2回ずつ位で大丈夫です。(膝を立てる感じの体勢は辛ければ元に戻してしまって下さいね。)
  3. 一度背筋を伸ばして椅子に座り直してからウエスト回りです。背中の方からおなかの中心にかけて両手でマッサージします。左側、右側共に3回ずつ位。
  4. ラストに下腹からみぞおちにかけてゆっくりお肉を引き上げて終了です。
    手でのマッサージでも老廃物を流すと言う意味では十分なのですが「より痩身効果を高めたい」と言う方にはこちらがおすすめです。

キュートボディ

キュートボディ

手にこうしてはめることが出来るのでとても楽ちんです。

湯船の中でも、泡々で使っても錆びないステンレスボールがセルライトをアタックしてくれます。

日本製なので安心です。また、私が使っているのは旧品でごめんなさい。現在はコーラルピンクのみです。

こちらは当時、佐々木希ちゃんも愛用していると雑誌に掲載されていたので購入した品です。随分長く愛用していますが錆びていません!

もしもこちらでマッサージをされる場合は、手順6番と7番の間に前面も背面も下腹~ウエストの少し上あたりの範囲をくまなく、上下・上下とぐるり2周程度マッサージすると痩身効果が期待できます。

慣れるまではステンレスボールのアタリが少し痛く感じるかもしれませんので、あまり力を入れず回数(2周のところを3周等)でカバーすると良いです。

ライター:Luana

スポンサーリンク