梅雨の時期は身体が冷えやすいってホント?

毎年、梅雨の時期になると全てのバランスが崩れやすくなったりすることがありませんか?

梅雨の時期は雨が降っているだけでも気分が滅入りがちになりますが、髪の毛のうねりや、走っている車からの水跳ねなどで服が汚れてしまったりなどなど、梅雨の時期ならではの様々な悩みが出てきます。

まずは梅雨の時期の冷えについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

身体を冷やす原因、それは・・・

梅雨の時期は傘やレインコートなどで雨に濡れないようにしますが、風が強い日などは傘をさしていても濡れてしまいますよね?

そして更にじめじめと蒸し暑い日もあれば、肌寒い日もあり寒暖の差がにプラスされます。

雨の日

雨は思っている以上に身体を冷やしているのです。

ご家族などの都合で難しいこともあるかもしれませんが、出来れば帰宅後すぐにお風呂に入る事をおすすめします。バスタイム

もし、すぐにお風呂に入るのが難しい場合には必ず全身を乾かして身体全体を温めてくださいね。

特に足は冷えやすいですので靴下やブランケット・暖房器具などをうまく利用して足だけは冷やさないようにしてください。

Point

「首」の付く部分は冷やさないようにと言われています。

「首」「足首」「手首」の3箇所を冷やすと冷えや風邪に繋がりやすくなりますので、この機会に覚えておいて頂ければと思います。

体調管理が大切なわけとは?

そもそも、何故梅雨の時期に体調管理が大切なのか?

疑問に思われる方も多いかもしれませんね。

 

梅雨時は普段よりも気分が滅入りがちになります。

雨に濡れて冷えた身体とどんよりした雨空で気分も滅入ると体調を崩しやすくなるのです。

体調を崩さない為には体調管理をしっかりとする事が必要となってきますよね。

 

心と身体は全く別物ではなく繋がっているのです。

だからこそバランスの取れた食事・適度な運動・十分な睡眠、そして湯船に浸かることをいつも以上に大切にしてみてください。

普段からの積み重ねが体調を崩しにくい体づくりのキーポイントなのです。

梅雨の時期こそ肌のお手入れを大切に

梅雨の時期のお肌は湿気により不安定になりやすい為に肌トラブルを起こしがちです。

例えばこの時期は手湿疹も出来やすくなったりしますよね?

手荒れ

それと同じように全身の肌がとても敏感になっているのです。

どんなお手入れをするべきなのか?

肌には「乾燥肌」「オイリー肌」「混合肌」と主に3タイプの肌タイプにわけられます。

一見、乾燥肌の方には湿気がさほど影響しないように思うかもしれませんが、乾燥肌の方の場合は普段から水分量が足りないために急に増加した水分量に肌がついていけないのです。

それにより湿疹が出来たりしやすくなるのも特徴かと言えます。

 

オイリー肌さんの場合には水分量が増す事でじゅくじゅくした吹き出物ができる可能性が高くなりますので、「アベンヌウォーター」などを持ち歩いてしゅっと一吹きしたあとに清潔なティッシュなどで、軽くおさえることをおすすめします。

 

何度かご紹介してきましたアベンヌ ウォーター»ですが、梅雨の時期こそ全ての肌タイプの方に使って頂きたいアイテムの1つです。

 

バスタイムにはしっかりと洗顔をして肌を清潔に保ち、湯船にゆったり浸かることで全身の肌トラブルも起きにくくなってくるのです。

この梅雨の時期こそ「アロマ」などを上手く活用して湯船にゆっくりと浸かってみてください。

香りの効果が実感されることと思います。

 

梅雨の時期の水分量が一番わかり易いのが「髪の毛」かと思います。

いつもと同じお手入れをしていても「うねる」「まとまらない」などなど、たくさんの髪の悩みが出てきませんか?

 

私はくせ毛なのですぐにうねってしまい、ショートでもなかなかまとまらない状態になります。

雨の降っていない曇りの日でもこの湿度にはとても敵いません。

 

その日の髪の状態が身体全体の肌の状態と同じだということなのです。

それを頭に入れておいて頂いてお肌や体調管理に気をつけてみてください。

 

梅雨があければ今度は暑い夏がやってきます。

夏に肌トラブルを起こさないためにも梅雨の時期のお手入れを大切にしてみてください。

手をかけてあげた分だけ肌は期待にこたえてくれます。

少しの手間暇をご自身の肌の為にかけてあげてくださいね。

ライター:宮沢せな

スポンサーリンク